「ブログ閉鎖、合併のお知らせ。」

いつもヒマ嬢まとめたんをご覧下さり誠にありがとうございます。
突然ではありますが当ブログを閉鎖させていただき、スポン!と合併することとなりました。

今まで当サイトにアクセスしていただき誠にありがとうございました。
今後はスポン!をよろしくお願い致します。

【合併先】
サイト名:スポン!
URL:http://spon.me/
RSS:http://spon.me/index.rdf
Twitter:https://twitter.com/spon_me

ヒマ嬢まとめたん

ヒマ嬢が気になったニュースをまとめたんしますヾ(゚ω゚)ノ゛

タグ:USB端子

人気カテゴリー

1:2014/08/01(金) 17:54:02.74 ID:

USBの根幹に脆弱性発覚、死角はファームウェア

もう悪用されてる可能性も。

USBメモリはもちろん、パソコンとスマートフォンとかマウスとかいろんなデヴァイスをつなぐとき、
USBにはみんなお世話になってます。でも新たな研究で、USBの動き方自体にセキュリティ上の
根本的な欠陥が見つかりました。これによって、どんなコンピュータでも気づかないうちに
乗っ取られてしまうか、もう乗っ取られているかもしれないんです。

Wiredによれば、セキュリティ研究者のKarsten NohlさんとJakob Lellさんが、USBの基本的な通信機能を
コントロールするファームウェアをリヴァース・エンジニアしました。彼らはさらにBadUSBというマルウェアも
作り、ファームウェア内部に入れ込みました。それによって「USBデヴァイスにインストールすれば完全に
PCを乗っ取ることができ、見えないところでファイルをメモリスティックから書き換えたり、ユーザーの
インターネットトラフィックをリダイレクトしたりもできる」ようになってしまいます。

USBメモリやキーボード、スマートフォンなどのUSBデヴァイスにはコントローラチップが埋め込まれ、
接続されたデヴァイスとコンピュータの間の情報のやりとりを可能にしています。NohlさんとLellさんは、
このコントローラチップをターゲットにしました。つまり彼らのマルウェアは、フラッシュメモリのストレージの
中(コンピュータにつなぐとファイルとして見える部分)にあるのではなく、ファームウェアに隠されていて、
削除するにはかなりの技術的知識が必要です。LellさんはWiredに語っています。

それをITセキュリティの人に渡せば、彼らはスキャンしてファイルをいくつか削除し、
「もうきれいになったよ」と言って返してくれるでしょう。[略](でもこれらの)問題はパッチできません。
我々はUSBの設計そのものを悪用したのです。
怖いのは、デヴァイスのファームウェアにマルウェアが含まれているかどうか基本的にチェックの
しようがないことです。そしてもしチェックできても、それと比較するための信頼できるヴァージョンがありません。
しかもそのマルウェアは双方向、つまりUSBメモリからコンピュータに感染させることも、
コンピュータからUSBデヴァイスに感染http://www.gizmodo.jp/2014/08/usb_169.html
【【超絶悲報】USB端子が付いているPC全部終了のお知らせ・・・・・】の続きを読む

このページのトップヘ