「ブログ閉鎖、合併のお知らせ。」

いつもヒマ嬢まとめたんをご覧下さり誠にありがとうございます。
突然ではありますが当ブログを閉鎖させていただき、スポン!と合併することとなりました。

今まで当サイトにアクセスしていただき誠にありがとうございました。
今後はスポン!をよろしくお願い致します。

【合併先】
サイト名:スポン!
URL:http://spon.me/
RSS:http://spon.me/index.rdf
Twitter:https://twitter.com/spon_me

ヒマ嬢まとめたん

ヒマ嬢が気になったニュースをまとめたんしますヾ(゚ω゚)ノ゛

タグ:結婚相手

人気カテゴリー

1:2014/09/29(月) 19:53:36.31 ID:
オーネットは9月29日、全国47都道府県で行った「結婚」に関する意識調査の結果のうち「結婚相手に希望する年収」について発表した。調査は2012年11月から2014年6月にかけて25歳~39歳の一般独身男女合計6,232人を対象に行われた。

○結婚相手を選ぶ際に重視するのは年収?

結婚相手を選ぶ際に「年収が重要」と答えた割合は、全国47都道府県すべてにおいて、女性が男性を上回った。

最も高い熊本県では75.0%の女性が「年収」を重要項目としてピックアップ。同じ九州の宮崎県と鹿児島県が熊本県に続いて上位に並んでおり、九州南部の3県がトップ3となっている。

○結婚相手に希望する年収は?

「男性が、女性に希望する年収」は、100万円~200万円にほぼ収まった。
県別で見ていくと大きな差はないものの、新潟県と福井県がトップで205万円、富山県がそれに続き、石川県を除く北陸地方が上位にきている。

「女性が、男性に希望する年収」は、東京都が最も高くて577万円。
千葉県・神奈川県・埼玉県と首都圏地域が上位5位に並ぶ中で、近畿地方からは奈良県がランクイン。
兵庫県512万円や大阪府482万円、京都府468万円、滋賀県450万円と比べて近畿地方の中では飛びぬけて高い。

○希望する世帯合計年収をマップで比較

調査では、「男性が、女性に希望する年収」と「女性が、男性に希望する年収」を合計した、世帯希望年収を50万円ごとにマッピング。
首都圏では東京都と千葉県が世帯年収として700万円以上を希望。
神奈川県は、男性に求められる希望年収は高いものの、「女性が、男性に希望する年収」が全国の中でも低いため平均的な範囲に収まっている。

全国の傾向で見ると、宮城県や福岡県といった地方の主要経済地域が高めの傾向を示すが、愛知県が平均より低い。
男女ともに同じ傾向を示しており、「結婚式が豪華」で知られる一方で、年収への希望は控えめな結果となった。

○結婚相手に希望する年収の金額分布は?

また、調査では全国の「男性が、女性に希望する年収」と「女性が、男性に希望する年収」それぞれの金額別分布がまとめられた。

「男性が、女性に希望する年収」は全国平均では178万円、最も多い回答は「無くても良い」で42.2%、次いで「250万円~300万円」(15.2%)だった。
300万円がピークとなっており、そこから一気に減衰、600万円以上の所得を希望する男性はほとんど見られなくなっている。

「女性が、男性に希望する年収」は、全国平均で471万円。
「250万円~300万円」(11.7%)から
「500万円~600万円」(9.3%)がボリュームゾーンとなっており、
「無くても良い」は3.4%。最も多い回答は「450万円~500万円」で21.5%、
「350万円~400万円」(16.6%)、
「250万円~300万円」(11.7%)が続いており、最低で300万円できれば500万円の年収が期待されている結果となった。


http://news.ameba.jp/20140929-541/
【【衝撃】結婚相手に望む年収がこれwwwwwwww】の続きを読む

1:2014/07/22(火) 01:54:42.30 ID:
先月末に芸能活動を再開した元モーニング娘。の“ゴマキ”こと後藤真希(28)が、
近く結婚する予定であると21日付けのスポーツニッポンが一面で報じた。

 同紙によると、お相手は「地元の後輩」だという3歳年下の会社員男性(25)。
7~8年前に出会い、一時交際していたが破局。
だが、休業中の後藤を男性が陰から支え、それがきっかけで復縁したという。

すでに婚約は済ませており、後藤は外出時に堂々と薬指に指輪を着けているとのこと。
近く婚姻届を出すようだが、友人によると挙式・披露宴は行わない予定だという。 また、結婚後も後藤は仕事を続けていくという。
(中略)
まさに運命的な生涯のパートナーと出会ったといえそうだが、 このお相手について「ある疑惑」が持ち上がっており、一部で動揺が広がっている。

「お相手の男性とは、祐樹の結婚式で出会ったようです。07年に写真週刊誌にラブラブな
プリクラなどが掲載されたこともある。祐樹と男性は子どものころから仲のいい親友で、
いわばカレは昨今話題の地元を愛する『マイルドヤンキー』のようなタイプともいえます。
ですが…過去に男性が祐樹の率いる『銅線窃盗団』のメンバーとして犯行に加わっていた との穏やかでない情報がある。
もちろん、仮にそうだとしても現在は更生しているのですから問題はありませんが…。
いずれにせよ、地元では祐樹と共にヤンチャなタイプとして知られていたようです」(週刊誌記者)

「マイルドヤンキー」程度であればいいが、もしそれ以上のヤンチャであったなら心配なところだ。
また、美談としてメディアに受け取られている後藤の復帰劇も現実的な動機があったという。

「後藤は地元の東京・江戸川区に建てた一軒家で、姉夫婦の一家やもう一人の姉と同居しており、
結婚後は男性も加わる。さらに後藤は無職状態である祐樹の妻と子どもの面倒も見ているため、
10人近い大所帯になる。これまで後藤の貯金を切り崩して一家は生活していましたが、
男性の強い勧めで仕事を再開させることを決心した。引きこもり状態の後藤を案じてというよりも、
稼いでもらわないと困るという切実な理由があったようですね。男性はデート代を後藤にほぼ全て
支払ってもらっていたほどですから、彼もあまり金銭的に余裕がないのでしょう」(前同)

記事全文
http://news.livedoor.com/article/detail/9064308/
【【悲報】後藤真希の結婚相手に壮絶な過去が・・・・・】の続きを読む

このページのトップヘ