「ブログ閉鎖、合併のお知らせ。」

いつもヒマ嬢まとめたんをご覧下さり誠にありがとうございます。
突然ではありますが当ブログを閉鎖させていただき、スポン!と合併することとなりました。

今まで当サイトにアクセスしていただき誠にありがとうございました。
今後はスポン!をよろしくお願い致します。

【合併先】
サイト名:スポン!
URL:http://spon.me/
RSS:http://spon.me/index.rdf
Twitter:https://twitter.com/spon_me

ヒマ嬢まとめたん

ヒマ嬢が気になったニュースをまとめたんしますヾ(゚ω゚)ノ゛

タグ:朝食

人気カテゴリー

  • カテゴリ:
1:2014/10/29(水) 00:15:16.52 ID:
周りが食べた後に磨く派ばかりで「お前頭おかしい」だの「それ気持ち悪くないの?」だの言われた
朝起きた後のネチョネチョな口で朝飯食う方がきもいだろって言ったら
「水で軽く漱いでから食えばいいじゃん。その後に磨け」と言われた
おれはまた一つ賢くなった
【【驚愕】朝食を歯を磨く後に食べる派って言ったらwwwwwwwww】の続きを読む

1:2014/09/21(日) 10:56:04.79 ID:
「朝食を抜くと太る」は間違いだった! 朝食ダイエット問題に終止符か!?
http://tocana.jp/2014/09/post_4846_entry.html

ついに暑い夏が終わり、食欲の秋がやってきた。
体重増加を何とかして食い止めようと日々、つらい努力を続ける人も多いのではないだろうか?
しかし、今まで「定説」となっていたダイエットの常識がいきなり覆されたら、どうしますか?

■朝食は食べても食べなくても同じ!?

朝食は身体のエネルギーとなり、後で食べ過ぎを防ぐとして、1日の中で最も重要な食事だと言われ続けてきた。
しかし、今回の新しい研究が正しければ、朝食はそう重要なものではないらしい。今まで信じられてきた説とは
反対に、1日の最初の食事はその後の食事の量や間食にほとんど影響しないという事が発見された。
その上、今まで言われてきた様に、朝食は代謝を活発にする働きも無いという。
 バース大学の研究者によれば、朝食を何も食べなかった人々と、
起きてから2時間以内に350キロカロリーを摂取し、午前11時前には
計700キロカロリーを摂取した2つのグループを6週間比較してみたところ、
両者に代謝の変化はない事が分かったという。
 また、主な違いは朝食を食べない人々は、1日の総摂取カロリーが朝食を
食べる人より低かったことであった。この結果は以前から信じられていた、
「朝食を食べない人は、その後の食事をより多く食べたり、
間食をしてしまい、その結果太る」と言う説に反するものだ。
 しかし、もちろん朝食の習慣にまったく意味がないわけではない。
朝食を食べる習慣のある人は、朝食後により活発に体を動かす傾向にあり、
食べない人よりも、より多くのエネルギー(約442キロカロリー)を使うという結果がある。
また朝食を食べる人は血糖値がより安定している。
 ちなみに、この研究リーダーのジェームス・ベッツ博士は、朝食を食べる習慣
がない側の人間とのこと。そのせいで、周囲からはいつも健康のために朝食をとるように言われ続け、
それに嫌気が差してこの研究を始めたと動機を語る。

 大学の栄養、代謝、統計の上級講師であるベッツ博士は、
「朝食がその日の最も重要な食事であるという考えは、一般に広く信じられています。
しかし実際は、朝食が人間の健康に影響するのかどうか、実は科学的な裏付けが何もないと
知って人々は驚きます。朝食をとる習慣のある人々が、よりスリムで健康的なのは確かです。
しかし、それらの人々は通常、バランスの良い食事や運動などにも気を使っています。
今回の調査で朝食が健康に対してどのような影響を持つのか、その実情を調べる事ができました」と話した。


■「朝食を抜くと太る」ということはない

 また、今月発表されたバーミンガムのアラバマ大学の別の研究でも、
ベッツ博士の研究を裏付ける結果が出た。この研究では被験者を「朝食を食べないグループ」
「朝食を常に食べるグループ」「現在の食生活を続け、何も変えないグループ」の3つに分け、
4カ月後に体重を測った。その結果、4カ月後にどのグループも500グラム以上体重が減った人はいなかったというのだ。
 これらの研究が正しければ、朝食が健康に良い習慣であるのは間違いないが、
「朝食を抜くと太る」という説は間違いだったようだ。ダイエットに関して研究が進むと、
様々な定説が今後も覆されるかもしれない。
願わくば、簡単に早く体重を落とせるダイエット法が発見されると良いのだが――。
(文=美加リッター)
【【驚愕】朝食を抜くと太るは間違いだった】の続きを読む

  • カテゴリ:
1:2014/08/27(水) 12:12:00.08 ID:
実は抜いてもOK?必ずしも「朝食」を食べなくてもいい5つの理由
http://irorio.jp/sousuke/20140826/157491/

健康のためにもダイエットのためにも、「朝食を欠かしてはならない」といわれる。

食育の観点からも朝食の重要性が指摘されて久しいが、最近の研究では、
みんなが思っているほど朝食は私たちの体に影響しないことが明らかになっている。
そこで朝食にまつわる5つの常識に迫り、「朝ごはんは食べなきゃいけないの?」「食べなくても良いの?」「どっちなの?」といった疑問にお答えしたい。

1.朝食が一番大事?
「1日の食事の中で朝食が一番大事」と親をはじめ多くの大人たちから口酸っぱくいわれ、起き抜けに朝食を詰め込んできた人も多いのでは?
朝食を食べると最も健康的に体を満たすことができ、昼食までその満足感は続くという。
朝食を抜くと、ランチでの満足感は確かに増すが、健康的とはいえないとか。
しかしその一方、朝食をきちんと食べた人と、食べなかった人の健康状態を比較した結果、
大きな違いはなかったとの調査結果もある。つまり食べるか食べないかではなく、「何を食べるか」の方がより重要とのこと。

2.朝ご飯を食べた方が頭が働く?
「朝食を食べると脳が活性化する」「朝ご飯を食べないと頭が働かない」と信じてやまない人々がいるが、実は事実無根だとか。
但し年齢に関係なく、人は空腹ではないときの方が優れた認知機能を発揮することもわかっている。
つまり朝お腹がすいていれば、朝食を食べた方が頭は働くが、空腹でなければ無理に朝ご飯を詰め込んでも、脳の回転には無関係だという。

3.朝食を食べると空腹感が抑えられる?
朝ご飯を食べないと、後々ドカ食いしてしまう…そう思われがちだが、米コーネル大学が最近行った調査で、
確かに朝ご飯を抜くと空腹感は増したが、その後1日を通じて余計なカロリーを摂取することはなかったという。

4.痩せたいなら朝食を摂るべき?
朝食をしっかり食べると、1日を通じて食欲を抑えらえるとか、ダイエットするなら朝ご飯を食べた方が良いといわれる。

しかし米バンダービルト大学が行った調査では、朝食を食べる、食べないは減量には影響しないことがわかった。

5.朝ご飯を食べると代謝が上がる?
朝ご飯を食べた方が代謝、特に安静代謝率がアップすると信じられている。代謝が上がれば効率的にカロリーを燃やせる気がするが、
残念ながら確かな証拠はないそうだ。
いずれにせよ、「朝食は大事!」だというから無理やり食べるのではなく、自分の体が発する声や食欲に従った方が良さそうだ。
【必ずしも「朝食」を食べなくてもいい5つの理由】の続きを読む

このページのトップヘ