「ブログ閉鎖、合併のお知らせ。」

いつもヒマ嬢まとめたんをご覧下さり誠にありがとうございます。
突然ではありますが当ブログを閉鎖させていただき、スポン!と合併することとなりました。

今まで当サイトにアクセスしていただき誠にありがとうございました。
今後はスポン!をよろしくお願い致します。

【合併先】
サイト名:スポン!
URL:http://spon.me/
RSS:http://spon.me/index.rdf
Twitter:https://twitter.com/spon_me

ヒマ嬢まとめたん

ヒマ嬢が気になったニュースをまとめたんしますヾ(゚ω゚)ノ゛

タグ:服装

人気カテゴリー

1:2014/10/30(木) 16:22:32.08 ID:
【ぶっちゃけ本音】デートで彼に着てほしくない色の服「3位:紫」「2位:オレンジ」1位は……?
Update : 2014.10.29
 楽しみにしていたデートで、彼が気合を入れて選んできた洋服の色が
「ちょっと……」と思ってしまうことはありませんか?
 今回、女性が彼にデートで着てほしくない色の服とは、一体何色なのかを聞いてみました。

Q.デートで彼に着てほしくない色の服はどれですか?

・1位/「ピンク」……28.8%
・2位/「オレンジ」……13.1%
・3位/「紫」……11.1%
・4位/「黄色」……7.8%
・5位/「赤」……7.2%
・6位/「白」……5.9%
・7位/「灰色」……3.9%
・8位/「オリーブ」……3.3%
・9位/「黒」……2.6%
※10位以下省略、複数回答可

■1位「ピンク」

・「男の人でピンクはあまり似合わない気がするから」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「ワンポイント程度なら良いですが、男性でがっつりピンクはちょっと……と思うので」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)
・「男がピンクはちょっと気持ちが悪いから」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

最近はピンクを着ている男性も多くなってきましたが、女性からは不評なようです。
ピンク=女性の色といったイメージが強いようですね。

■2位「オレンジ」

・「ジャイアンツファンみたいだから。私はジャイアンツファンだけど、
デートで目立つのは嫌だ」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「目が痛くなりそうだし、似合う人はなかなかいなさそうなので」(28歳/自動車関連/事務系専門職)
・「派手すぎて恥ずかしい、大人っぽくないから」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

あまり目立つ色はちょっと勘弁してほしいといった女性の意見も。なかなかオレンジの着こなしは難しいようです。

■3位「紫」

・「おしゃれな感じを出そうとしてる感じがするから」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「田舎のヤンキーみたいだから」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「その道の人のように見えるから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

かなりオシャレ度の高い紫は、一歩間違えるとその筋の人に見られるといった危険も。
オシャレに自信のある人がトライする色と言えるでしょう。

■4位「黄色」

・「目立つし着こなしが難しそうだし、虫が寄ってきそうだから」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「紫、黄色あたりは色の彩度にもよりますが若者かよ……と思ってしまうから」(25歳/不動産/事務系専門職)
・「目がチカチカするから」(30歳/学校・教育関連/専門職)

あまりにも目立つ色彩の洋服は、単純に恥ずかしいといった声と、
子どもが着ていることが多いので大人なら避けてほしい色合いという点があるようです。

全体の意見として、やはり女性的な色合いの洋服や、色彩が明るいものは避けてほしい
といった意見が多く見られました。オシャレな人ほど、派手な色彩のものを
あえて取り入れることはありますが、やはり相手とのバランスを考えた
コーディネートをするのも、デートのマナーと言えるでしょう。

http://woman.mynavi.jp/article/141029-10/
【デートで彼に着てほしくない色の服ランキングwwwww】の続きを読む

  • カテゴリ:
1:2014/10/07(火) 01:06:59.02 ID:
正直あいつらお洒落だよな
服装参考にしてるわ
【美容室の店員のファッションセンスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

1:2014/09/23(火) 14:17:34.15 ID:
おぱんつだけで外出するよね
【スカートを球体にかぶさってると考えると女は下半分も隠れてると思ってるわけだからあと上半分も見えてないと思い込ませることができれば】の続きを読む

このページのトップヘ