「ブログ閉鎖、合併のお知らせ。」

いつもヒマ嬢まとめたんをご覧下さり誠にありがとうございます。
突然ではありますが当ブログを閉鎖させていただき、スポン!と合併することとなりました。

今まで当サイトにアクセスしていただき誠にありがとうございました。
今後はスポン!をよろしくお願い致します。

【合併先】
サイト名:スポン!
URL:http://spon.me/
RSS:http://spon.me/index.rdf
Twitter:https://twitter.com/spon_me

ヒマ嬢まとめたん

ヒマ嬢が気になったニュースをまとめたんしますヾ(゚ω゚)ノ゛

タグ:女優

人気カテゴリー

  • カテゴリ:
1:2014/08/19(火) 09:44:00.27 ID:
1人も勝てねえ…

綾瀬はるか(29歳/ホリプロ)
相武紗季(29歳/ボックスコーポレーション)
蒼井優(29歳/イトーカンパニー)
上戸彩(28歳/オスカープロモーション)
満島ひかり(28歳/ユマニテ)
宮﨑あおい(28歳/ヒラタオフィス)
沢尻エリカ(28歳/エル・エクストラテレストレ)
上野樹里(28歳/アミューズ)
北川景子(27歳/スターダストプロモーション)
石原さとみ(27歳/ホリプロ)
井上真央(27歳/セブンス アヴェニュー)
長澤まさみ(27歳/東宝芸能)
佐々木希(26歳/トップコート)
榮倉奈々(26歳/研音)
黒木メイサ(26歳/スウイートパワー)
新垣結衣(26歳/レプロエンタテインメント)
吉高由里子(25歳/アミューズ)
戸田恵梨香(26歳/フラーム)
堀北真希(25歳/スウイートパワー)
多部未華子(25歳/ヒラタオフィス)
仲里依紗(24歳/アミューズ)
桐谷美玲(24歳/スウイートパワー)
水原希子(23歳/エイジアクロス)
山本美月(22歳/インセント)
【大島優子がライバル視している人たちwwwwwww】の続きを読む

1:2014/08/13(水) 20:27:23.04 ID:
女優オードリー・ヘプバーンの20歳になる孫娘エマ・ファーラーが、
有名女性ファッション誌「ハーパーズ バザー」の表紙を飾り、モデルデビューを果たした。
ダークな髪色に印象的な頬骨など、在りし日のオードリーをほうふつさせる美しさだ。

エマの父親は、オードリーの最初の夫にして監督で俳優のメル・ファーラーの長男ショーン・H・ファーラー。
オードリーにとってエマは待望の初孫だが、エマが誕生する数か月前にオードリーはこの世を去っていた。
エマは「もちろん写真や映像は見ていたけど、子供のころのわたしにとって、
オードリー・ヘプバーンは女優ではなく家族だった。
父が話してくれた彼女の姿こそ、わたしにとってのオードリーなの」と明かしている。

なお、今回撮影を担当したのは、「ハーパーズ バザー」でオードリーの記憶に残る写真の数々を手掛けたカメラマン、
リチャード・アヴェドンの孫息子であるマイケル・アヴェドンだ。(編集部・市川遥)



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140813-00000042-flix-ent
【【画像あり】オードリー・ヘプバーンの孫がモデルデビューwwwwwwww】の続きを読む

  • カテゴリ:
1:2014/07/30(水) 12:05:00.06 ID:
綾瀬はるか 出演映画10連敗で「大コケ女王」に転落か?

「好感度タレント」「結婚したい芸能人」、「娘にしたい女優」‥‥さまざまなジャンルのアンケートでトップクラスの人気を誇る
国民的女優の綾瀬はるか(29)。なのに、なぜか主演映画は連続大コケ中という不思議さで、最新作も閑古鳥が鳴き‥‥。

〈公開3日目なのに劇場ガラガラで心配!〉

〈夕方だったから、観客は私含めて3人だけ〉

ちまたのブログやツイッターでは、5月31日に公開された綾瀬の主演映画「万能鑑定士Q モナ・リザの瞳」(東宝)の不入りぶりが話題になっていた。

記者も都内のさる劇場を訪ねてみると、係員が「お好きな席をお選びください」と指し示す座席表は空席を示す満面ピンク色の状態。
上映開始3分前に劇場に滑り込むと、約200の客席には親子連れ1組と中年の男性の姿のみ。
何の資格も持っていない記者でも、一目で観客数を4人と「鑑定」できてしまうお寒い惨状なのだ。

とはいえ、この作品は、あの世界的ヒット映画「ダ・ヴィンチ・コード」以来となる仏・ルーブル美術館での撮影を許された本格ミステリー、という前評判。
おまけに綾瀬の芸術的な胸チラでもかいま見られれば御の字の心境でスクリーンに見入った。

が、劇中の綾瀬は終始Fカップ乳の膨らみを隠すようなフリル付きのブラウスを着用したまま、
谷間も揺れもシルエットもなし。淡い期待もむなしく、約2時間でエンドロールを迎えた。

もちろん観客不入りの原因は、綾瀬の相手が昨年公開されるや大コケぶりが話題を呼んだ「ガッチャマン」(東宝)の
主演俳優・松坂桃李(25)だったから、という見方もできなくはない。しかし、綾瀬自身も昨年の「リアル~完全なる首長竜の日~」(東宝)が興行収入4億2000万円、
一昨年の「ひみつのアッコちゃん」(松竹)も6億円と、好感度の高さが映画の興行収入に比例しないことを実証してしまっているのだ。

映画配給会社スタッフは、綾瀬映画を次のように「鑑定」する。

「過去に話題になった主演作といえば、最後までおっぱいを見せてくれなかったタイトルだましの『おっぱいバレー』(09年・東映)。
あるいは、通天閣をバックに激走し、76回の乳揺れシーンを見せた『プリンセストヨトミ』(11年・東宝)が記憶に残るくらいです。
初主演は『僕の彼女はサイボーグ』(08年・ギャガ)ですが、主演&準主演映画は10本連続でヒットが出ていない寂しい状況。『大コケ女王』襲名ですよ」

出世作「世界の中心で、愛をさけぶ」(04年・TBS)や「JIN~仁~」(09年・TBS)など、ドラマではヒットを飛ばした綾瀬が、映画はなぜに大コケ続きなのか。
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20140730-00010005-asagei
【【悲報】綾瀬はるかの出演映画がやばい・・・・・】の続きを読む

このページのトップヘ