「ブログ閉鎖、合併のお知らせ。」

いつもヒマ嬢まとめたんをご覧下さり誠にありがとうございます。
突然ではありますが当ブログを閉鎖させていただき、スポン!と合併することとなりました。

今まで当サイトにアクセスしていただき誠にありがとうございました。
今後はスポン!をよろしくお願い致します。

【合併先】
サイト名:スポン!
URL:http://spon.me/
RSS:http://spon.me/index.rdf
Twitter:https://twitter.com/spon_me

ヒマ嬢まとめたん

ヒマ嬢が気になったニュースをまとめたんしますヾ(゚ω゚)ノ゛

タグ:動画

人気カテゴリー

  • カテゴリ:
1:2014/06/25(水) 19:21:44.48 ID:
NEW YORK DAILY NEWS
Tuesday, June 24, 2014, 8:12 AM

(記事)
http://www.nydailynews.com/life-style/video-dog-teaches-baby-crawl-article-1.1841462#
(動画)


犬のバディは、7か月のアリーがハイハイをしようとして、苦労しているのを見た。
そこで、彼は、腹と前足を使って、どのように行うかカーペットの上で見本を見せた。


抄訳 くわしくはソース元をご覧ください
依頼です
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1402492988/176
【【動画】犬が赤ちゃんにハイハイの仕方を教える動画かわいいwwwwwwwww】の続きを読む

1:2014/06/25(水) 23:35:54.98 ID:

動画

セルジオ越後 日本対コロンビアの後 日本サッカー協会に苦言



・個々どうこうではなく日本というチーム全体がこのレベルということ

・サッカー協会が視聴率や人気欲しさの為に、興業的な親善試合が多すぎたんじゃないのか

・格下の国とばかり親善試合をするから「世界で通用する」と勘違いをしちゃった

・コロンビア相手に前半やれたと思ってるかもしれないけどあれは8人が控え組の2軍
後半1軍の2人が入ったら手も足も出なかった、これが現実

・矢部っち真っ青
【【動画あり】セルジオ越後、日本敗戦でお通夜状態のスタジオでサッカー協会など批判。矢部の顔真っ青w】の続きを読む

1:2014/06/22(日) 23:42:31.73 ID:

【動画】



MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」にて

女「オーストラリア対オランダ戦は楽しかったです」

さんま「点を取り合いましたからね」

さんま「キューウェルっていう選手知らんかなぁ?ベテランなんやけど同点追いついたあのボレー決めたんがキューウェルや」

さんま「同点に追いついたあれは誰でも覚えてるボレーや」 

さんま「日本人に多いねんサッカーを知ったらもっと面白いのにやなあ」



↑実際の得点者はティム・ケーヒル
さんまが勘違いしてるハリー・キューウェルは代表に呼ばれてすらいない。


オーストラリアvsオランダ 得点者 ケーヒル (前半21分)
http://brazil2014.yahoo.co.jp/game/result/?gid=2014061801
【【動画】 明石家さんま、ニワカサッカーファンに対して説教するも、自分が選手名を間違える大失態ww】の続きを読む

1:2014/06/18(水) 08:32:28.09 ID:

タクシーの運転手と言えば、悪質な客や酔っ払いなどを相手にしなくてはいけなくて、ストレスが溜まる職業として有名。
そんなタクシーに感じの悪い客が乗車してきた様子の一部始終を動画に撮影成功。運転席に付いていた車内カメラから撮影されており、乗車してきたのはギャル。

いかにもマナーが悪そうな女性で、行き先をハッキリ言わない時点で運転手のストレスは徐々に上がり気味。まあ行き先が分かりづらいことくらいは多々あることなので運転手も慣れっこだが、問題はここから。
後部座席に座っていた女性が横になったかと思ったら、今度は足を上げて運転席の座席に足をあげるという横着な態度に。

車の振動で足が運転手にぶつかり、ついに我慢できずに運転手は「足を降ろしてくれる?」と注意。言われないとやめないというのもなんだかなあ……。

しかし『YouTube』のコメント欄では意見が二極しており、「許可取って晒したの?」「こんな女はどんどん晒すべき」「これはさすがに運転手も怒りますよ」という意見が書かれている。
http://getnews.jp/archives/601127


タクシーのいやな女(YouTube)
【【動画】タクシーにギャルが乗車 足を運転席に乗せるなど態度最悪の様子がYouTubeにアップされ賛否両論に】の続きを読む

このページのトップヘ