「ブログ閉鎖、合併のお知らせ。」

いつもヒマ嬢まとめたんをご覧下さり誠にありがとうございます。
突然ではありますが当ブログを閉鎖させていただき、スポン!と合併することとなりました。

今まで当サイトにアクセスしていただき誠にありがとうございました。
今後はスポン!をよろしくお願い致します。

【合併先】
サイト名:スポン!
URL:http://spon.me/
RSS:http://spon.me/index.rdf
Twitter:https://twitter.com/spon_me

ヒマ嬢まとめたん

ヒマ嬢が気になったニュースをまとめたんしますヾ(゚ω゚)ノ゛

タグ:依存症

人気カテゴリー

1:2014/11/05(水) 21:42:30.83 ID:

アルコールやギャンブルよりも、さらに周囲の理解が得られにくく、治療の場や自助グループの数も少ないセッ●ス依存症。本誌も当事者への取材を試みたが、
かなわなかった。そこで、恋愛やセッ●ス事情に詳しく、セッ●ス依存症当事者にも数多く取材を重ねてきた作家の亀山早苗さん(54)に話を聞いた。

「ある取材で出会った20代後半の女のコは、地方の団体職員。一見とても真面目そうで清楚な女性でしたが、その外見と裏腹に『お酒を飲むと男が欲しくなって、
毎晩違う男性と、ホテルで関係を持ってしまう』というんです。女のコはそのことに罪悪感を抱いていました。でも、『女性は求められてなんぼ。
抱かれていないと女じゃないと思ってしまう』と強迫的にセッ●スをするのに、誰としても感じない。そのむなしさに苦しみながらも、また繰り返してしまうというのです」

またある40代の主婦は、10年以上夫とセッ●スレス。オーガズムを知らないことにコンプレックスを抱き、しかも「50歳で女は終わる」と思い込んでいた。

「それで、『49歳までにオーガズムを得たい!』と急に婚外セッ●スを初めてしまったんです。性感マッサージや3P、出張ホストなど行動はエスカレート。

ついには風俗店で働き始めてしまいました。快感自体はあるらしいので『それでいいんじゃない?』と言うと、突然『あなたは感じたことがあるんでしょうけどね!』
と泣き叫んだのです。『オーガズムを知らない自分は、女として欠けている』と言わんばかりでした」

いずれの女性にも共通するのは「女」としての焦燥感や、居場所のなさから来るむなしさ。悦びのないセッ●スに身を投じることで、自分の価値を確認しているようだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/9432832/
【【驚愕】女性たちのセ●クス依存性が止まらない理由wwwwww】の続きを読む

  • カテゴリ:
1:2014/10/15(水) 23:11:09.00 ID:
歩きながらスマホ、立ち止まればスマホ、電車で座ればスマホ、飯屋で注文をしたらスマホ、飯食いながらスマホ



将来どうなるんだろうな
【最近の日本人の"私スマートフォンに操られてます"感は異常だよな】の続きを読む

1:2014/09/30(火) 09:55:29.69 ID:
パチ●コ依存症を受け入れて生きていくしかないんか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【パチンコやめられなくて悩み続けた結果wwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

1:2014/08/31(日) 21:03:24.69 ID:

スマートフォンの爆発的普及に伴い、他人と一緒に過ごしているときでも常にスマートフォンをチェックしたり、
充電がなくなるとパニックに陥ったりするスマートフォン依存症という新しいタイプの依存症が確認されています。
とにかくスマートフォンが身の回りにないとソワソワして落ち着かないというスマートフォン依存症を少しでも和らげるために開発された新しいデバイスが「noPhone」です。


全てのスマホ依存症に送る充電不要の画期的新デバイス「noPhone」
http://gigazine.net/news/20140831-nophone/


【持ってるだけでスマホ依存症から開放できる画期的商品キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む

1:2014/08/10(日) 07:35:47.21 ID:
まず一週間スマートフォン断ちした話を進める前に
言っておかなければいけないことがある。実の所、ズルをした。
言っておくが大きな不正ではない。ReadWriteの編集長、
オーウェン・トーマスが一週間モバイルデバイス無しで過ごしてみて、
その体験を記事にするよう呼びかけていたので、私が協力した。
全然大したことじゃないだろう思っていた。
しかしこれがしんどかった。

私自身、iPhoneやKindle Paperwhiteについてかなり依存していることから、
ある程度の禁断症状に襲われる事は予想していた。
しかし世間がますますモバイルデバイスありきになってきているという点は
想定外だった。空港でのチェックインから、
電話を掛けること(忘れられがちかも知れないが、これも立派な
スマホの機能だ)、旅行先(例えばアトランタとか)での
自分撮りに至るまで、スマホは持ってて当然になっている。
持ってないならないで方法はあるが、その手間に見合うものではない。
携帯デバイスを使えない一週間は気分のいいものではなかったが、
妙な充実感があった。自分がなぜモバイルデバイスを使うのかについて
再考させられる一時だった。

*+*+ ascii.jp +*+*
http://ascii.jp/elem/000/000/922/922852/
【あなたは一週間スマートフォンなしで過ごせる?】の続きを読む

  • カテゴリ:
1:2014/08/10(日) 20:38:49.69 ID:

中国のゲーム依存症カップル、ゲームを優先して生まれたばかりの子供を児童売買組織に売る
ストーリー by hylom

2014年07月15日 8時00分

ゲームに依存しているなら子を作るな 部門より

danceman 曰く、
中国で、ゲーム中毒の若い未婚カップルがアプリ内アイテム欲しさに、生まれたばかりの子供2人を児童売買組織に売っていたとのこと。
このことを知った男性の父親が警察に通報したことで二人は逮捕されたという(Tech News、Slashdot)。

男性は「ゲーム依存症」とも言える状態で、経済的な問題で子を養って行くことができないと判断、人身売買組織に売ってしまったという。
また、2人目の子が生まれた時も、子供を育てることよりアプリ内アイテムを購入することを優先し、再び人身売買組織に我が子を売ってしまったという。

中国では人身売買が大きな社会問題となっている。中国では同問題を撲滅するべく厳しい法律が規定されており、
人身売買の有罪判決に対しては死刑が処される。だが現実として、人身売買組織は警察の摘発をうまく逃れているようだ。

http://slashdot.jp/story/14/07/14/1029216/
【ネトゲ依存症カップル「課金アイテムの金ねーよ・・・そうだ!」→子供売り飛ばす】の続きを読む

このページのトップヘ