「ブログ閉鎖、合併のお知らせ。」

いつもヒマ嬢まとめたんをご覧下さり誠にありがとうございます。
突然ではありますが当ブログを閉鎖させていただき、スポン!と合併することとなりました。

今まで当サイトにアクセスしていただき誠にありがとうございました。
今後はスポン!をよろしくお願い致します。

【合併先】
サイト名:スポン!
URL:http://spon.me/
RSS:http://spon.me/index.rdf
Twitter:https://twitter.com/spon_me

ヒマ嬢まとめたん

ヒマ嬢が気になったニュースをまとめたんしますヾ(゚ω゚)ノ゛

タグ:パンチラ

人気カテゴリー

1:2014/08/01(金) 23:13:30.73 ID:
【【画像あり】Googleストリートビューで女子高生が制服パンチラwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

1:2014/07/21(月) 23:12:03.55 ID:

<高校野球>東海大相模など順当

 夏の高校野球県大会は20日、7球場で3回戦14試合が行われた。第1シードの慶応と東海大相模をはじめ、桐蔭学園や桐光学園など
強豪校は危なげなく勝利を収め、そろって4回戦進出。ノーシードから猛打で勝ち上がってきた横浜隼人は、手塚渓登主将(3年)が
大会タイ記録となる3試合連続本塁打を放ち、快勝した。21日は5球場で3回戦10試合が行われる。

 ■「投」の東海大相模

 東海大相模―サイエンスは、東海大相模の投手「四枚看板」のうち3人が登板し、零封リレーを見せた。

 先発の佐藤が6回を被安打2に抑える好投を見せると、2番手の吉田も2回5奪三振の投球を披露。最終回は、主戦・青島が三者凡退で締め、
大会ナンバー1とも言われる投手力を見せつけた。サイエンスは七回に三塁まで走者を進めたのが精いっぱいだった。

 ■慶応一挙10点

 慶応―藤沢西は、慶応が二回、4番名幸の内野安打を足がかりに、長短7安打と5四死球を絡める打者15人の猛攻で10点を奪い、
一気に試合を決めた。2年生右腕の津留崎も4回無安打と相手打線を完璧に封じ込めた。

 藤沢西は五回、継投した慶応の主戦・原田から、伊東が中前打を放つなどし、1点を返したが、反撃もここまでだった。

 ■桐蔭8安打7点

 桐蔭学園―大師は、桐蔭学園が8安打7得点と効率の良い攻撃で快勝した。初回、4四死球を選び、無安打で1点を先制。
5点リードの六回は、一死二、三塁で片平がスクイズを決め、続く原の右中間三塁打で試合を決めた。
投げては小室、須永の継投で、三回以降は1人の走者も許さなかった。

 大師は二回、一死二、三塁の好機を作ったが、後続が打ち取られた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kanagawa/news/20140720-OYTNT50498.html

【【画像】慶應女子高生のパンチラが放送されるwwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ